運動しすぎは乾癬を悪化させる。乾癬改善にはバランス感覚が大切

1-tekidonaundou

乾癬を改善させるためには日々の運動を欠かすことができません。運動をすれば血液やリンパの流れがよくなり、全身の新陳代謝が活発になり、体内毒素の排出が促されます。ビタミンやミネラルも吸収されやすくなるので腸内環境がよくなり、消化活動も活発化します。体のすべての機能がよくなるため、乾癬を治したいなら毎日運動をするのが大切です。

しかしここで言う運動とは「適度な運動」です。何事もほどほどが良いということをぜひ覚えておいてほしいです。

たとえば、若い女性が毎日健康のためにと10キロのマラソンをする。こんな無理をしていれば、女性ホルモンの分泌が悪くなってしまい、胸もお尻も脂肪が落ちて魅力的な体型ではいられなくなってしまいます。ガリガリに痩せ細った体で健康ではいられません。

人間の身体は恒常性(バランスを保つ)というものがあるため「何かをしすぎる」と壊れてしまいます。それが健康に良いとされることでも、やりすぎてしまうと、自律神経バランスの悪化から乾癬悪化につながってしまうのです。スポーツ選手で、そのスポーツを極めたいと言うのではない限り、運動はほどほどにしておくようにしましょう。

乾癬改善におすすめの運動としては毎日2キロのウォーキングです。速足で歩く必要はなく、自分のペースで歩けば十分です。今まで全く運動をしていなかった人が急に運動を始めればストレスを感じます。ストレスは体を酸化させてしまうため、無理は禁物です。ストレスを感じない範囲で、徐々に体を動かす習慣をつけていくと良いでしょう。

運動の他にも、深呼吸を一日に何度かするのも良いでしょう。副交感神経を刺激するので精神を安定させ、免疫バランスを整えることができます。

目先の快楽よりも10年後の健康を選ぼう

乾癬になってしまった人の食歴を聞くとほとんどの人が乳製品、加工食品をよく食べ肉食を中心とした食生活をしています。

また、こうした食生活を長く続けている人は乾癬になっていなくても、食物アレルギーや花粉症などの症状がよく出ていることも確かです。

つまり、加工食品、乳製品、肉食という組み合わせの食生活は乾癬を発症する確率が高くなるということです。乾癬の人は食生活を変えてみてください。素直に食生活を改善させれば1年後には乾癬の症状は跡形もなく消え去っています。

これからの医学で大事なのは予防医学です。病気を治すことよりも、そもそも病気にならない体づくりを行うことが大事なのです。もし、あなたにお子様がいて、まだ乾癬を発症していないのであれば、お子様の食生活を今から改善すべきです。

食の大切さは健康の大切さです。今日、焼き肉を我慢することで、目先の快楽よりも10年後の健康を選びましょう。今、現在乾癬で悩んでいる、糖尿病で悩んでいるというなら、食生活を変えるのも難しくはないのですが病気になっていない段階では、つい目先の誘惑に負けてしまう人が多いです。病気になってしまう前に、健康に良い食生活を心がけて下さい。

同時に大事なのが次世代への教育です。現在の学校給食は間違ったカロリー計算と理論に基づいているのでとても危険です。そういった意味でも「食育」という教育が今後とても重要なカギとなることは明らかなのです。