真っ白の食べ物は乾癬を悪化させる

1-satou

乾癬に良い食品と悪い食品

基本的に乾癬に悪いのは、人の手が多く加えられた食材です。人の手が加えられた食材は自然の形をしていません。例えば、精白穀物、精製塩、精製糖などなど、綺麗に均一に白い姿をしているものは乾癬によくない食品だと考えればOKです。

精製すると見た目は良くなり、味のくせもなくなり、使い勝手はよくなります。料理も美しく仕上がります。しかしナチュラルな形を失ってしまっているので、本来、食材が持っていた自然の力を失ってしまっています。

また同様に漂白されて白くなった食材も健康に良くないです。漂白剤というのがそもそも毒のようなものです。見た目を美しくするために白くされたこんにゃく、かまぼこ、はんぺん。どれも素材をそのまま使っていれば、素材の色が出るものばかりです。真っ白にするために薬品を使って色を抜いているのです。

自然界に本来、真っ白の食べ物というものはありません。大根やカブは白い、と思われるかもしれませんが、全体の姿を見れば真っ白ではありませんね。

成分表をいちいち確かめて、これは安全かどうか?なんて確かめる必要はありません。パッと見て白いものは避けて、素材本来の色が出ているものを選びましょう。

ところで、人の手が加えられているもので乾癬に良いものが一つだけあります。それは発酵食品です。酵母や乳酸菌などの細菌の働きで発酵させた食品は乾癬に良い物が多いです。これは発酵食品が微生物という命を含んでいるからです。ただし、真夏に常温で保存していても腐ったりカビが生えないような発酵食品には防腐剤が含まれているので注意が必要です。発酵食品を選ぶときには、原材料欄を見て、必ず食品添加物の有無を調べるようにしましょう。

上白糖の使用は今すぐ辞めるべき

上白糖は味にクセもなく、料理の色が綺麗に仕上がります。しかし、上白糖を使用しているという人は今すぐ使用を辞めましょう。なぜなら、人間の身も心もむしばんでしまう恐ろしい食品だからです。

「砂糖」にはいろいろな種類があります。砂糖の原料であるサトウキビを絞って加熱しただけの黒砂糖。黒砂糖を結晶と蜜分に分離して純度を高めると精製糖になります。精製糖は車糖、ざらめ糖、加工糖に分けられます。

私たちが普段一番口にする回数の多い上白糖、三温糖は車糖です。グラニュー糖、白ざらはざらめ糖になります。角砂糖や氷砂糖、粉糖は加工糖です。

普段、砂糖を使うときにはあまりこの違いを意識しないで使っている方が多いと思います。コーヒーにはグラニュー糖、料理には上白糖など、なんとなく使っているのではないでしょうか。しかし成分を比較するとまったく違います。

上白糖の恐ろしいところは、摂りすぎるとカルシウムを失ってしまうということです。上白糖は酸性の食品なので、弱アルカリ性の人体は大量に酸性の物質が入ってきてしまうと、傾いたバランスを中和するために体内のミネラル分(カルシウム)を使用します。白砂糖自体にカルシウムはほとんど含まれていませんから、どうやってカルシウムを補うかというと、体内の骨や歯です。

しかも上白糖は糖分の吸収がとても速いという特徴があります。このため上白糖を摂取すると血糖値が急上昇します。インシュリンが大量に分泌され、特に子供は低血糖などを起こしやすくなります。そして低血糖が続くと今度は血糖値を上げるためにアドレナリンが放出されます。アドレナリンは生きていくために必要なホルモンでもありますが、大量に放出されると「キレる」原因になります。

白砂糖はとても危険な食品なのです。白砂糖を使うのはやめ、お菓子や清涼飲料水は飲まないようにするべきです。料理の味付けに甘みが必要なときには、白砂糖ではなく黒砂糖やハチミツ、天然のメープルシロップを使って代用しましょう。