乾癬患者の塩分、水分の補給にベストな方法とは?

sio

乾癬患者が摂るべき塩とは?

日本の野菜は、野菜が本来持つ栄養素がどんどん失われてしまっています。これは効率を求めてハウス栽培を行ったり、農薬を使うことで失われてしまったものです。例えば、ビタミンCの含有量は、1950年のホウレン草には100gあたり、150mgも含まれていたのですが、2000年のホウレン草には100gあたり35mgしか含まれていなかったのです。

アメリカの野菜は広大な土地で育てられるため、日本より栄養素は豊富なのですが、ポストハーベストと言って収穫後に農薬を使って処理をしています。また輸入に掛かる期間で鮮度が落ちる=栄養素が失われてしまいますから輸入野菜もおすすめできないのです。

私は毎日野菜を食べている、菜食中心の食事を心がけているというのに、乾癬が改善しないというのは野菜自体の栄養素が減っているからです。それどころか、農薬漬けの野菜をたくさん食べることで残留農薬などの毒物を摂取しているかもしれません。野菜を摂るだけでは足りない分は、季節の良質な果物を食べて補いましょう。

また不足しがちなミネラル分などは塩から摂取するのがおすすめです。塩=高血圧の原因になるから健康に良くないと思うのは間違いです。天然塩自体には血圧を上げる作用は、実はありません。

というのも、もともと自然海塩には塩化ナトリウムやマグネシウム、カルシウム、ヨウ素など海のミネラルがバランス良く含まれています。しかし精製塩は塩化ナトリウムが99%です。精製塩は塩化ナトリウム以外のミネラル分が一切含まれていません。これが血圧を押し上げるのです。多量の塩化ナトリウムは体にとっては不要物つまりは毒物といってもよく、血圧だけでなく乾癬にも悪い影響を与えます。

自然というのは、そのままの存在が完璧なのです。ナチュラルに存在しているものはすべて必要で、意味があってそうなっているのです。ですから自然な状態である自然海塩は摂りすぎなければ問題ありません。今、精製された食塩を使っているならすぐに捨てて、自然海塩を使うようにしましょう。さらさらした塩が好みなら、焼き塩を使えば良いでしょう。

水分補給は必ず「水」で行うこと!ジュースやお茶で水分補給はできません。

人間の身体は約7割が水分でできています。この水分は単なる「水」ではなく、様々なミネラルや栄養素など生命が生きるために必要なものがすべて溶け込んだものです。

栄養分や酸素を身体の隅々まで運ぶのも水分であり、老廃物を排泄するときにも水分が必要になります。ですから、摂取する水分も良い物を選ばなくてはいけません。

普段、水分補給はお茶を飲むと言う人も多いと思います。健康に良いお茶というものも多く売られています。しかし水分補給を目的にお茶を飲むというのは今すぐ辞めてください。お茶にはタンニンが含まれているので、これを取り除くために体内酵素が消費されてしまいます。コーヒーもカフェインがあり、これも有毒物資ですからやはり体内酵素を消費します。乾癬を改善させるためには、食べ物飲み物から毒物をこれ以上摂取しないことが必要です。乾癬に最良の水分はやはり「水」なのです。

特に良くないのがジュースやサイダーなどです。糖分が高すぎる上に、水分に溶けている糖は素早く吸湿されるという性質があり、血糖値が上がり、乾癬悪化のリスクが高くなってしまいます。

フレッシュジュースを朝食の代わりに飲む、仕事のストレスを発散してリラックスするために休憩時間にちょっと飲むというのであれば問題ないのですが、のどが渇いたからジュースを飲むという習慣は今すぐにやめてください。(この場合のジュースというのは生の果物をその場で搾ったジュースです。スーパーで売っている果汁100%ジュースは乾癬改善に有効な酵素が完全に失われている「死んだ飲み物」なので飲むべきではありません。)

水分補給をするときには、必ず良質の「水」を選びましょう。この時に飲む水は水道水よりも還元力の高い水(ミネラルウォーター)が良いでしょう。水道水には塩素などの有害物質が含まれているのでおすすめできません。全ての飲み水をミネラルウォーターにするのは大変ですが、浄水器を取り付けるだけで簡単に水道水を活用できるようになりますから上手に活用して日々の生活に役立てましょう。