これ以上毒素を取り入れないことが乾癬克服への近道

phytochemical

野菜、果物は無農薬の物を選ぼう

乾癬を治すための第一歩は「これ以上、食べ物から毒素を取り込まない」ということです。なので、野菜や果物を選ぶときには、必ず新鮮なものを選ばなくてはいけません。また生で食べる以上、農薬をできるだけ使っていないものを選ぶのは当然です。

料理をするとき、買い物をするとき、ついつい見た目がきれいなものに惹かれてしまいます。調理をする上でも、形が揃っているほうが均一サイズに切りやすいですし、作ったときの出来上がりも綺麗になります。

料理というのは見た目でも楽しむものですから、綺麗に盛り付けるということは大事です。そのために見た目を重視してしまうというのも分かるのですが、見た目がきれいな果物や野菜を作るためには多くの農薬が使われるのです。

農薬を使って栽培した作物には、農薬が残留します。特に栄養が豊富で積極的に食べたい皮の部分に農薬が溜まってしまいます。農薬を使うと、野菜も果物も農薬を解毒するために酵素を消費してしまいます。見た目は綺麗なのに、割ってみたら中が腐っていたというのは農薬を解毒するために酵素を使い切ってしまったということです。

畑は放っておくと雑草だらけになってしまい野菜が育たなくなります。しかし広大な畑の雑草を一つ一つ抜くのはとても大変です。そこで使われるのが除草剤です。除草剤は酵素阻害剤です。雑草の芽が出ないように発芽や生育に関する酵素を阻害する働きがあります。これを吸収した野菜や果物は毒性のある化学薬品を含んでしまいます。

酵素を豊富に摂取したいなら自然の土壌が必要です。生命力のある豊かな大地で育つことが野菜や果物には欠かせません。見た目がきれいな果物や野菜は、畑で収穫されていますが、工場由来の食品と一緒です。化学薬品を体内に持っているからです。

全てを取り除くというのは難しいかもしれませんが、できるだけ農薬の少ないものを選ぶ、自分で育ててみるなど少しずつ比率を高くしていく努力をしましょう。

ビニールハウスで栽培された野菜に欠けているものとは?

ビニールハウスが発明されたのは日本だと知っていますか?元々海外にもガラス貼りの温室はあったのですが、農作物を育てるためのものはありませんでした。

日本最初のビニールハウスは障子紙が使われていました。1953年に塩化ビニールになり全国に一気に広がっていきました。日本は農地が狭いため、狭い場所でも効率よく収穫できるようになり、四季を通して安定した収穫ができるようになります。風雨や害虫からの被害も守れるので農作物の栽培が格段に合理化できるのです。

害虫被害や雑草から畑を守りやすくなることから、ハウス栽培では農薬が使われる量も少ないのですが残念ながらかけているものがあります。それがファイトケミカルです。

ファイトケミカルは近年の研究で抗酸化作用が非常に高いことが認められ、注目を浴びるようになりました。免疫バランスを整えて、乾癬の悪化防止に役立つのがファイトケミカルです。

ファイトケミカルという言葉は聞いたことがなくてもポリフェノールやイソフラボン、リコピンやカテキンと言えば有名ですね。現在見つかっているのは数千種類ですが、数万種類があると考えられています。ファイトケミカルには様々な健康効果が期待できると言われています。

このファイトケミカルが生まれるためには、実は過酷な環境でなければ生まれません。強い紫外線にさらされ、虫にたかられて耐えることで虫が嫌がる成分を出したり強い紫外線に負けない成分を作り出すのがファイトケミカルなのです。ですから、ハウス栽培の育ちやすい環境では決定的に不足してしまうのです。