なぜ、乾癬には未精白、全粒粉の穀物がいいのか?

hakumai-gennmai

未精白、全粒粉の穀物は何がいいの?

ナチュラルな状態の穀物には炭水化物以外のビタミン、ミネラル、食物繊維、カルシウム、タンパク質、脂肪酸など人間が生きていく上で必要な栄養素が、ほとんど備わっている上に、酵素も豊富に含んでいます。しかし精白してしまうと、ほとんどの栄養素が失われてしまいます。

玄米はもみ殻を外した状態ですが、白米はもみ殻と表皮(ぬか)、胚芽を取り除いたものです。白米は種子の発芽と成長に必要な部分をすべて取り払って、養分の部分だけになったものです。養分があれば十分かと思うかもしれませんが、これは人間で言うと、脳、心臓、内臓、骨、筋肉を取り除いて、脂肪のみを残したような状態です。このような死んだ食べ物が体に良いわけがありません。

お米が本来持っているビタミン、ミネラルなどほとんどの栄養素は外側の表皮と胚芽の部分に集中しているので、精米しているお米(=白米)を食べている人は、せっかくの栄養を食べずに捨てていることになります。実際、玄米と白米を比較すると玄米のほうがカロリーが少ないにも関わらず栄養価ははるかに高いのです。

しかも白米は消化と吸収が早いので血糖値と中性脂肪値が上昇しやすいという特徴も持っています。これは消化器官に過度の負担をかける原因となり乾癬を悪化させる一要因です。

小麦を食べるときにも、真っ白な精白小麦粉ではなく全粒粉を食べるべきでしょう。また、オートミールも優れた未精白穀物です。日本人にはあまりなじみがない食品ですが、お粥感覚で食べると美味しく食べることができます。

玄米を美味しく食べる方法

玄米と白米のどちらが栄養価高いを思いますか?という質問をすると、ほとんどの人は「玄米」と答えるでしょう。そう、ほとんどの人は玄米のほうが栄養価が高いことを感覚的に感じているのです。にも関わらず、玄米ではなく白米を主食にしているのです。理由はシンプル、「玄米はおいしくない」からです。

玄米をそのまま炊飯器で炊いてしまうと、白米ほど柔らかさがなく粘り気もないので、確かに美味しさを感じにくいです。玄米を美味しく食べるためには、副穀物を利用するのがおすすめです。例えば、押し麦、もちあわ、もちきび、もちひえ、アマランサスなどの副穀物を混ぜて炊いてみてください。ただの「あわ」「ひえ」ではなく「もちあわ」「もちひえ」など「もち」のつく副穀物を混ぜて炊けば、白米のようなもちもちとした粘り気が出せます。他にもそば米、ハトムギなど色々なものがあるので好みに合わせて調整して下さい。

玄米と副穀物の割合は5対1くらいが良いでしょう。決まった比率があるわけではありませんが、栄養素やエネルギーバランスなどを考えると、これくらいが妥当になります。玄米を3合炊くなら、おおさじ5杯~7杯の副穀物です。

最近の炊飯器は玄米炊き機能がついているものも多いです。この機能が付いている炊飯器であれば、十分美味しい玄米が炊けます。玄米を軽くあらったら、2時間くらい浸してから炊きましょう。余った分は一食分ずつ小分けにして冷凍保存できます。解凍するときには蒸し器で温めるとより美味しいのですが、チャーハンや雑炊にするときには自然解凍でも大丈夫です。

発芽玄米を自宅で作ってみよう

現代の日本人は「柔らかいものほど美味しい」と勘違いしている人が多いです。「口に入れた瞬間にお肉が溶けた」なんてグルメ番組で言っているのをよく目にします。しかし、柔らかい=美味しいではないのです。

特に玄米は噛めば噛むほど味が出てくるので美味しさを感じやすくなります。普段、あまり噛まずに食事をしていると、噛むのが面倒に感じられるかもしれませんが、じっくり一度よく噛んで味わってみましょう。

噛むというのは非常に大事なことです。よく噛んで食べると唾液がたくさん分泌されます。そしてパロチンという若返りホルモンが出たり、消化吸収がよくなることで体内酵素の節約をすることもできます。

玄米が苦手という場合には自宅で発芽玄米を作ってみて下さい。発芽玄米はギャバという健康効果の高いアミノ酸を豊富に含んでいる上、食感が比較的白米に近いので、食べやすいです。玄米炊きの機能が付いていない炊飯器でも炊くことができます。

ギャバにはストレスを緩和させる働きがあり、仕事や勉強などで疲れている時、イライラしているときなどにも効果的です。

発芽玄米は市販されているものもありますが、自分で作ったほうが費用が安いです。玄米は水に浸けておくと発芽します。30度くらいのぬるめのお湯に浸して丸一日おけば発芽します。温かい季節なら常温の水に浸しておくだけでOKです。酸素が必要なので蓋をする必要はなく、そのまま放置しておけば発芽玄米になります。