その食事、本当に尋常性乾癬に良いの?

尋常性乾癬を治すために、もうこれ以上、悪化させないために、あなたは普段の生活で気をつけていることはありますか?

乾癬克服サポートを運営しているクリッピングポイントの和田広幸氏によると尋常性乾癬で悩む9割以上の患者は病院に通う以外になにもしていないそうです。
(下の動画の15分30秒あたり)

参考動画:あなたの乾癬が治らない理由 乾癬克服サポート【クリッピングポント代表 和田広幸】
(引用サイト:【尋常性乾癬】病院治療で治すのはムリ)

少数かと思いますが、尋常性乾癬を治すために、定期的に運動をしたり、サプリメントを利用したり、食生活に気を使ってみたり。そんなことをやっている患者さんもいらっしゃると思います。でも、あなたがやっていることは本当に尋常性乾癬に良いと言いきれる自信はありますか?

もちろん、乾癬を治すために、食事改善を行うこと、そのすべてが悪いわけではありません。しかしネットで目にするの乾癬治療法の中には実はまったく意味がないものもあるのです。是非一度、その治療法が本当に乾癬に良いのか、チェックしてみましょう。

  • 乾癬を治すために毎日ヨーグルトを食べている
  • 牛乳を毎朝飲んでカルシウムを補給している
  • パンはやめて白米を食べるようにしている
  • 緑茶はカテキンが豊富なのでたくさん飲むようにしている
  • 水道水は、かならず沸騰させてから飲んでいる

などなど...乾癬に良いと言われていることは沢山ありますね。しかし実は上記に並べたすべての例は、すべて乾癬を悪化させてしまうのです。実際にアメリカ人の大半は毎日たくさん牛乳を飲む人が多いです。しかし非常に多くの人が尋常性乾癬に悩まされています。

緑茶に含まれるカテキンには殺菌効果や抗酸化作用があります。しかし反面タンニンを多く含んでいるという点があります。タンニンは非常に酸化しやすい性質を持っているので、熱湯や空気に触れることで簡単にタンニン酸に変化してしまいます。そしてタンニン酸にはタンパク質を凝固させる働きがあるのです。これは人体にとって毒素となるもので、乾癬悪化の要因になりかねません。2003年に行われた日本癌額界においても、三重大学の川西教授らがカテキンによってDNAが損傷するというレポートも発表しており、緑茶=健康とは限らないことが証明されています。

間違った乾癬治療方法が広まってしまうことの理由の一つに、体を全体として見ていないことがあげられます。ある部分には良い効果をもたらすものでも、体全体(特に胃腸)に良いものとは限らないのです。身体はすべてつながっていますから、部分的に良い悪いを見るのではなく、全体を見ることが重要なのです。